脱毛サロン 大手脱毛エステの裏話?

大手脱毛エステの裏話?

雑誌のうらのチケットの利用について。

人気のファッション誌 CanCamやvivi、ananといった女性誌は裏にある1000円チケットを出している「あるサロン」はあまりよくありません。

 

有名タレントを使い、億単位で広告費をかけていて、さらに立地のいい場所に店舗を構えています。

 

なので、ひとりのお客さんからかなりの収益を得ないと、赤字になってしまいます。

 

駅や雑誌、TVCMで億単位で広告をかけて、さらにエステティシャンへお給料を払ったら、ひとりのお客さんからの得たいお金は高くなりますよね。

 

なので、脱毛プランの契約はすごく高いです。

 

あの1000円体験チケットとかをもっていくと、わき脱毛20万?30万円のプランの契約を迫られることはヤフー知恵袋や教えてgooなどでも有名なんですよ。

 

 

 

ヤフー知恵袋や教えてgooで調べてみるとその事実がわかります。

 

そして、今年こそツルスベにとか書いてありますが、体験プランで脱毛できる範囲はすごく小さいので、ツルスベには程遠いこともしっておいてくださいね。

 

最近では、光脱毛、フラッシュ脱毛などにほとんどのサロンが切り替えていますが、まだ、ニードル脱毛とは針脱毛ともいい、脱毛効果は高いものの、痛くて、時間がかかるし、お金も掛かる脱毛方法のサロンもあります。

 

そのほかのニードル脱毛をしているエステがいうのは『ニードル脱毛だけが永久脱毛です』ということを宣伝文句にしていますが、確かに永久脱毛の効果が高いですが、フラッシュ脱毛でも最近ではかなりの効果あるようです。

 

私はフラッシュ脱毛で脱毛しましたが、脱毛完了後から5年間、毛は生えてきません。

 

なので永久脱毛効果はニードル脱毛だけというのは嘘です。  

 

ニードル脱毛は一番歴史の古い脱毛方法ですが、その名のとおり、皮膚に針をさして電気を流して毛根にダメージを与えるため、資格も必要で、経験も必要です。

 

なので、エステティシャンの教育、資格取得にも時間がかかり、さらに時間単位(分単位)の単価のため、お金が掛かります。なので、ニードル脱毛は高いんですね。

 

そして、ニードル脱毛もフラッシュ脱毛も厳密に薬事法的なことをいえば、かなりグレーゾーンなので中堅エステのフラッシュ脱毛は国的には完全に認めているわけでもなく、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛は医療機関でのみ国でも正式に永久脱毛の行為を認めているんですよね。

 

だからエステではどこのホームページにも永久脱毛って言葉は絶対に書いていないです。

 

堂々と永久脱毛といえるのはクリニックや美容整形外科、美容皮膚科、皮膚科などなのです。

 

ニードル脱毛の場合、料金プランは毛の量によって掛かる時間を予測して計算されます。

 

そしてエステティシャンの技術や手際のよさによってその施術スピードもまちまちなので、ムラがあるんですよ。