脱毛方法 正しいエステに選びをしましょう

正しいエステに選びをしましょう

良いエステの条件とは

 

エステティシャンの接客態度をみる

 

衛生面の管理ができているエステですか?

 

次回の予約はその場でできますか?

 

 

エステティシャンの接客態度をみる

脱毛エステは最低でも年に6回通います。
なので2ヶ月に1度、通うことになります。

 

 

働いていたり、学校に通っていたりすると2ヶ月に1度って意外と頻繁ですよね。

 

しかも意外と通うのって面倒。きれいになるためにお金を払ったのに、面倒になって通わなくなってしまう人もいます。

 

その要因のひとつとして、エステティシャンの接客態度がよくないから行きたくないというケース、けっこうあるんです。

 

エステティシャンに、『○○さん、毛深い方ですね。これは終わるまで時間掛かりますよ』とか、『ひざ下の永久脱毛はしないんですか?したほうがいいですよ?。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて余計なお世話なことをいわれたり、他のコースの勧誘をいやみっぽくされたりそんな気分の悪くなるような接客をされたら次回行くのがいやになりますよね。

 

でも実際、安すぎるエステや、あまり評判のよくないエステでは、エステティシャンの接客態度が苦情の原因となってます。

 

余計なおしゃべりを施術中にされたり、次の契約を勧めるために、お給料のこととかお小遣いの探りを入れてこられたり。

 

美意識の高さを再確認して、断れないようにしたりそういうエステティシャンの接客はかなり嫌ですよね。

 

お金を払っているのだから、施術だけささっと済ませてもらって早く帰りたいと思いますよね。

 

エステティシャンの接客とか対応はすごく重要なんです。 

 

お金を払っても嫌な思いをしてまで通いたくない、通う足がさらに遠のきます。

 

ということで、中小堅エステで、カウンセリングなどのとき周りのお客様に対する対応や会話、雰囲気は必ずチェックしましょうね。

 

 

他のお客様が困っている様子だったり、会話の内容がしつこい勧誘のようだったら、そこでの契約はやめた方がいいです。

 

安すぎる脱毛エステだと、特に、ワキ脱毛などの安いプラン目当てできたお客様に対してひざ下、ひじ下、などの広範囲のプランを勧めないとエステの売上として成り立たないのです。

 

なので安すぎるエステはあまりおすすめしません。

 

逆に、安すぎるエステを選ぶ場合、エステティシャンの態度、施術の質、衛生面の管理などはある程度目をつぶる必要もあるのかもしれません。