脱毛でよくあるトラブル

脱毛でよくあるトラブル

埋没毛について

埋没毛は、毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいうようです。無理な脱毛をしたことにより埋没毛になってしまう方が多いです。

 

毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいいます。

 

おもに、毛抜きなどで毛を抜くときに毛根から抜けず途中で切れてしまった場合や、毛根から抜き取ったが、毛穴が塞がった後に毛が再生した場合に毛がそのまま皮膚の中で成長してしまうことが多いそうです。

 

また毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、その回復とともに毛穴がふさがってしまい、中の毛が皮膚の表面に出てこれなくなってしまうことなどがあります。

 

埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。

 

炎症を起こした場合は、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいみたいですね。

 

毛膿炎(もうのうえん)について

毛膿炎とは、脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことをいいます。

 

毛膿炎になる原因は不潔な環境でのムダ毛の脱毛処理により傷ついた皮膚に細菌が侵入したり、無理に毛抜きで毛を引き抜くと毛穴を広げそこから細菌が入り炎症を起こしてしまいます。

 

毛膿炎になってしまったら、赤みや腫れ、痛みがある場合は、きちんと医師に診てもらい適切な処置をしてもらう必要があるそうです。それを怠ると患部が広がったり傷跡が残ることもあるそうですので十分な注意が必要です。