脱毛サロン ハイジニーナ(V・I・O)脱毛について

ハイジニーナ(V・I・O)脱毛について

デリケートゾーンでの一番人気が、ハイジニーナ脱毛です。

 

ハイジニーナ脱毛と聞いても聞きなれない言葉かと思います。
これは、『V・I・O』を全部ひっくるめて一度に処理をするプランなんです。要は「V・I・O脱毛セット」=「ハイジニーナ脱毛」なんですね。

 

海外では主流のハイジニーナ脱毛。日本でも、流行り始めている話題の脱毛プランです。

 

ハイジニーナ脱毛が、流行り始めている理由は、ただ、ムダ毛を処理するだけではなく「生理中の不快感やニオイを軽減してくれる」効果もあるからということも。

 

また、生理の時にムレたりかぶれる。痒みがある。なんて人には、とってもオススメな脱毛なんですよ。

 

きっと、ハイジニーナという言葉を今回、初めて知った人もいると思います。

 

そんな、まだまだこれからのハイジニーナ脱毛とは女性のデリケートゾーンのムダ毛処理のことなんですよ。

 

デリケートゾーンとは、部位でいうとVライン・Iライン・Oラインのことです。この3つの部位を全て処理するプランが「ハイジニーナ脱毛」なんです。

 

脱毛サロンのコースメニューなどを見ていると頻繁に目にするのがVIOと言う言葉ですがこれは具体的にはどの部分を指している言葉になるのでしょう。

 

Vライン…ビキニラインのムダ毛
Iライン…性器の周りのムダ毛
Oライン…お尻・肛門周辺のムダ毛

Vラインとは

 

ビキニラインやVゾーンとも言われます。結構、知っている人も多い部位ですね。ほとんどの脱毛エステサロンでは、Vライン上部・Vラインサイドと分けてある部位です。
Vライン上部の脱毛は、ショーツの上からはみ出ている毛を処理します。

 

Vラインサイドの脱毛は、ショーツの横からはみ出ている毛を処理します。ハイジニーナ脱毛では、Vライン上部もVラインサイドも両方処理してくれるので気になっている人にはオススメです。

 

Iラインとは

この部位がどこなのか、わからない人も多いと思います。「どこ?Iラインって?」とあなたも思ったかもしれません。
そんなIラインとは、女性器の周り、主に、女性器サイドを指します。とっても、デリケートな部分ですよね。

 

そして、女性にとってはとっても恥ずかしい部分なんですね。
それを聞いて、えーあんな場所を脱毛するのと驚かれる方も多いと思います。

 

確かにムダ毛はありますが、わざわざ、お手入れするなんてとも思いましたが、これって日本人の考え方みたいです。
海外では、ハイジニーナ脱毛が当たり前なんですよ!

 

デリケートゾーンを処理せずにデートなんかできない!みっともないという考え方が常識みたいですよ。
世界の常識は、日本の非常識なんでしょうか・・・

 

そんなIライン脱毛のメリットの一つとして、衛生的に良いとされています。
例えば、生理中の不快感の軽減やニオイが抑えられる。生理痛が軽くなる。ムレない。痒みが出ない。ただれない。などです。

 

女性にとっては嬉しいことばかりですね。痛い生理痛。痒いただれが、少しでもなくなるならIライン脱毛もありですよね。

 

Oラインとは

この部位もIライン同様に、それってどの部分?ってきっと知らない方が多いかもしれませんね。
Oラインというくらいです。なんか丸い部位なんでしょう。と思っていたら案の定当たりでした。お尻の穴の周りです。

 

Oライン脱毛とは、お尻の穴の周りのムダ毛を処理することなんです。
あまり確認したことありませんが、お尻の穴の周りにも確か、ムダ毛があった気がします。

 

自分では見えませんから、ふだんはあまり気にすることがないでしょうが、自分で処理するには危険すぎますし、他人に見せるのも恥ずかしいし・・・なかなか、微妙な部分なんですね。
うーん。ビミューな部位のOラインですが、VラインとIラインと一緒にするならいいかも知れませんね。

 

自分では処理しにくい場所ですが、やろうと思えばできそうですが、気分的に嫌悪感のある方は無理して処理することもない部分かと思いますが、あなたはいかがですか?

 

これら3つの部位を全部ひっくるめて脱毛することをハイジニーナ脱毛と呼んでいます。

 

「ハイジニーナ脱毛」は年々、人気が高まっているそうです。
「ハイジニーナ脱毛」は、ワキよりも人気のある脱毛プランだというエステもあるみたいで他の脱毛エステサロンでも、人気急上昇みたいです。

 

ハイジニーナ脱毛の痛みについて

 

デリケートゾーンは、ワキと同じで太くて濃い毛質です。
ですから、脱毛エステサロンによっては、痛みがあります。ただ、光脱毛は痛みが少ない脱毛法なので、全然、痛くない店舗もあります。

 

これは、脱毛エステサロンごとに光脱毛のマシンが違うからです。温度や光の質などによって、痛みも変わってきます。
ただ、VラインよりもOラインやIラインのほうが痛さは強いみたいです。

 

これは粘膜に近く、肌が薄いので痛みを感じやすいということ。確かに、そんな感じはします。もし、あまりにも痛くて我慢できない場合は、照射レベルを下げてもらいましょう。
脱毛エステサロンでのデリケートゾーン脱毛は、ちょっと勇気のいる脱毛かもしれません。でも、自己処理では感じられな

 

い満足感があります。また、衛生面でもメリットがあるので、生理の不快感に悩んでいる人にもいいです。
ただその痛みも施術回数を重ねることで徐々にマシになっていくことが多く、初回を乗り越えればまず大丈夫なんですよ。

 

1回目よりも2回目、2回目よりも3回目…と言うように少しずつ和らいでいくので安心してくださいね。

 

 

ハイジニーナ脱毛ってどんな格好でするの?

 

デリケートゾーンの脱毛ですから「下着は脱いで」が基本です。

 

一番多いのは、使い捨てショーツを無料配布してくれるです。紙パンツというのでしょうか。一回、着用したらゴミ箱行きのやつです。透ける感じがありますが、何も着けないで処理されるより恥ずかしさがないです。

 

脱毛する時は、チラッとめくってしてくれます。基本、ジェルを塗ってお手入れしていくので、その際、ジェルが下着に付着することがあります。でも、使い捨てショーツなら安心です。

 

また、他には、使い捨てショーツを買わなくてはいけない店舗や下着を脱いで、そのまま施術!なんて店舗もあります。この辺のことは、無料カウンセリングで聞けば教えてくれます。
でも、何も着けずにお手入れって抵抗ありますよね・・・

 

オマタを広げた姿を見られるなんて・・・ですが、スタッフさんもプロなので淡々と仕事をこなしてくれます。緊張を解くような接し方をしてくれます。ですから、リラックスしてデリケートゾーン脱毛を受けれると思って下さい。

 

Vライン脱毛について

自己処理は基本自分で行うのが普通です。
Vラインくらいだと自己処理はあらかじめ自分で行い「脱毛したいカタチ」に整えておく必要があるそうです。

 

ただIもしくはOに関しては自分だと処理しにくいためサロンで処理を行ってくれるようです。
また剃り残しがあった場合もサロン側できちんと処理してくれます。