自己処理による肌に優しい脱毛法

自己処理による肌に優しい脱毛法

肌が弱い方で一番肌に優しい自己処理方法にはどんなものがあるのでしょうか

自己処理の脱毛をする場合に、肌が弱いとか、敏感肌とかで、傷跡や黒ずみができる場合があります。

 

肌が弱い方で一番肌に優しい自己処理方法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

自己処理の場合は大きく分けて以下のような方法があると思います。

 

(1)脱毛テープ

 

(2)除毛クリーム

 

(3)かみそりなどでの除毛

 

さて、この中ではどれが一番肌に優しいでしょうか。

 

この中にはありませんが、一番優しい方法は、男性の髭剃りで毛をそることがとても良いような気がします。
男性ようのシェーバーは女性のシェーバーに比べ ヘッドは上下左右に動き、もみ上げなど長い毛を短く切れるようなものもあり、安いのに高性能なんですね。

 

シェーバーは皮膚を守ります。
かみそりでは毛と一緒に皮膚をそりはがしているんです。
かみそりは皮膚のしみ、もうのうえん(毛が埋まること)の原因になります。

ほかの方法についても触れておきます

(1)脱毛テープの場合

 

肌が乾燥してる時に貼ってはがすのですから、皮膚のダメージはキツイ方だと思います。わたしは剥がした後真っ赤になり熱を持ちました。

 

 

(2)除毛クリーム

 

毛根まで取れるをうたい文句にしている商品も多いですが、太い毛の方は時間を延長とあったので時間を長めにしましたが、クリームがチクチクします。

 

テープも除毛クリームも後の手入れ(怪我した時と同じように患部を清潔にして傷薬などを薄く塗る、ピリピリ感など無くなったら、顔につけるような化粧水や乳液で手入れする)が必要と思います。

 

 

(3)かみそりなどでの除毛

 

必ず乳液をたっぷり塗るか、風呂場で石鹸を泡立てたものを塗りつけて、刃が直接肌に触れないようなガード付きのものを選ぶと良いです。
横滑りした時に肌が傷つく可能性が低くなります。

 

T字型の方が使いやすいと思います。石鹸や乳液を塗っているのでかみそりを持つ時に、手が滑らないように注意してください。

 

(1)脱毛テープ
(2)除毛クリーム
(3)かみそり

 

の中では、カミ剃りを風呂場で使い、なるべく毎日毛が生えにくくなるローションを塗るのが一番楽で肌は痛めないと思います。一度試してみてくださいね。

自己処理による肌に優しい脱毛法記事一覧

ワックス脱毛について

ワックス脱毛とはワックス脱毛とは、主にエステや自己処理などで行われている脱毛方法で、脱毛専用のワックス(ミツロウやパラフィンなどの融点の低い固形油)を利用し、毛根から一気に抜き取る一時的な脱毛法です。簡単に言えば、ガムテープの強力なものを毛の生えているところに張り、それを一気にはがすようなものです。...

≫続きを読む